カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

エンジンRCバギー 4WD

ここに掲載の写真は、ラジコンの紹介の為の物で、販売品ではありません。
私(店長)が過去に製作したラジコンカーです。


 1/8 エンジンRCバギー インファーノ DX 組立キット

1994年に発売されていた、インファーノ DX です。
このモデルが販売されていた頃は、すでに世界選手権等に出場しており、その選手権モデルをベースにして
販売されていたインファーノ DX で、同時にTURBO INFERNO も販売されていました。
インファーノDXは、21クラスエンジン付のベースモデルで、TURBO INFERNOは、エンジンレスですが、
各部にオプションのスペシャルパーツが組み込まれています。
当時は、このモデルの上位機種MPシリーズは、まだ販売されていませんでした。
よって、インファーノDXが 「INFERNO」 の名前を付けた初期の頃のモデルです。
インファーノDX (GS21-CRエンジン付)はベースモデルなので、スペシャルパーツは装備していません。
そこで、別売のオプションパーツを組み込み完成させたのが、ここに紹介する インファーノDXです。


オプションパーツは現在と違って、アルミ製が多く販売されていて、
カーボン製は他社製のベース・シャーシくらいで、結構いい値段をしていました。 ( 当時:1万円以上 )
カーボンは成型(曲がりをつける加工)が難しく、その頃の技術では、板状のものに穴を空ける程度であった事と、
曲がりのついたパーツは高価だったと記憶しています。
このモデルは20年超えですが、現在でも十分に走行が可能で、基本的な構造は現在も変わっておりません。
ホビーのラジコン分野でも、昨今の技術革新により、最新技術の導入や部品の精度・品質が上がっています。


2012年5月 ボディを一新 (1990年代のF1 マクラーレン MP4-6をイメージに製作)


旧ボディ

【 アップグレードを施した仕 様 】
OS製     :MAX・21RX-B エンジンに交換 (生産完了)
OS製     :チューンド・マフラーに交換 (生産完了)
KYOSHO製 :オプション 強化アルミ・シャーシに交換
KYOSHO製 :オプション 強化ディスク・ブレーキに交換
KYOSHO製 :オプション 四輪・スタビライザー搭載
KYOSHO製 :オプション 大型フューエル・フィルター搭載
既製品     :HGサスペンションに交換
既製品     :フル・ベアリング仕様 (シールドタイプ)
双葉電子工業製 :アタックSR(AM 2ch 40MHz)・送受信機搭載


インファーノ DX 内部



2012年5月 泥よけガードを交換 (ポリカーボネイト板 2mm カーボンプリント仕様)

チューニング(アップグレード)を施したバギーで、本来のDX(廉価版)のパーツは、一部しか残っていません。
エンジンに関しては、当時のバギーレース(選手権)で、最も使用されていて、評判の高かった製品です。
O.S. 小川精機 MAX 21RXB
高速で走らせると、かん高い音でF1の様な音です。(個人感覚 :TVで聞いた感覚です。)
トルクもあり、レースだけでなく、一般走行でも、ガタガタ道を平気で走ります。
サスペンションは、チューニングの仕方によりますが、悪路のトレース能力は十分にあります。
ステアリング・サーボは、トルクのあるサーボに交換しました。
悪路走行で、ステアリングが押し戻される為で、コントロール(ドライブ)感覚が悪くなります。
サーボに於いては、スピード型(動作)とトルク型があり、両方を備える物は高価になります。

ページトップへ