カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

電動RCカー 4WD

ここに掲載の写真は、ラジコンの紹介の為の物で、販売品ではありません。
私(店長)が過去に製作したラジコンカーです。


 ランチャ デルタHF インテグラーレ
               1988年 モンテカルロ・ラリー優勝車

このラジコンカーは、1993年販売の、LANCIA DELTA HF INTEGRALE (TA-01 Chassis)の組立てモデルです。
2015年8月現在、外観デザインは同じですが、ベースとなるシャーシが変更されています。
現在は、新しい順に TT-02D、TT-02、XV-01、DF-03Ra、TT-01 シャーシ etc となって販売されています。
紹介のモデル(TA-01 Chassis)は、かなり古いもので、今年で22年経過しました。
1993年当時のシャーシの種類は、ツーリングカーで TA-01、TA-02、FF、
F1シリーズでは F101、F102 のみ掲載されていて、他のシャーシは形式名を記載(表示)していませんでした。
よって、現在販売されているラジコンカーのシャーシは、このTA-01等がベースとなって進化してきたものです。


【 アップグレードを施した仕 様 】
タミヤ製 :ダイナテック02H・モーターに交換 (現在は生産完了)
タミヤ製 :カーボン・ドライブシャフトに交換 (現在はアルミ製のみ)
タミヤ製 :フル・ベアリング仕様
タミヤ製 :サスペンション・オイルは、ミディアムを使用。
双葉電子工業製:送信機:アタックSR AM27MHz 2ch 受信機:FP-R112JE、ESC:MC-210CB

ランチャ デルタHF 内部

こちらは、内部構造の写真ですが、バスタブ・タイプのシャーシに、メカを搭載しています。
(現在のバスタブ形式も同様)
外部からの衝撃には、メカやギア部は保護されていますが、ギア部を除いて、埃からは無防備です。
こまめに、クリーニングをしましょう。
FETアンプ部では、スピードコントロールとバックポイントの調整が可能です。
また、サスペンションとタイヤも、スペアパーツ又はアップグレードパーツに交換が可能です。
この受信機は、3世代ほど前のもので、現在では2.4GHz (クリスタル不要)の、
チャンネルを気にせずに使用できる、最新技術の製品が販売されています。




下記掲載の写真は、乗せ換え用のボディです。
経年変化と、走行させて多少ボロボロなところがありますが、
1台のシャーシで、色々なボディ( 車種 )を楽しむことが出来ます。

シュニッツアー BMW M3 EVO


トヨタ セリカ GT FOUR ラリー & ニッサン スカイライン GT-R ニスモ

ページトップへ